postheadericon 耐震性を高める構造

家を持つ手

建物の耐震性を高めるための補強方法としては主に三種類の構造があります。耐震補強リフォームの方法として主に利用される補強方法としては耐震構造という壁を強化する方法になります。
地震により強い建物を建築するためには壁を強化する必要があるので、この耐震構造はもっとも簡易的で一般的な方法にはなりますが耐震補強としてはかなり効果的な方法となります。
最も一般的な耐震構造は壁を補強しますが、壁の補強方法としては金属を使用する方法があります。建物の構造部分に筋交いを使用したりして、揺れに対する耐久性を向上させる方法になります。… Read more

postheadericon どんな建物でも補強できる

カラフル

既存の建物の耐震性を向上させるためにはリフォームが必要になってきます。耐震工事を行う際の重要なポイントとしては壁や床や屋根などの強化作業になります。
既存の建物の耐震性を向上させるためには主に金属を利用することによって壁を強化します。木造住宅などでも金属を利用することによって、だいぶ耐震性は向上します。… Read more

postheadericon 補強のためのポイント

家のデザイン

住宅の耐久性を高めるために効果的なこととして、壁の強化がまず第一に挙げられます。実際に大きな地震を繰り返すことで何度も改正されてきた建築基準法では壁の強化が重要ということで壁を効率良く強化する方法が練られてきています。
耐震工事では主に壁に耐久性を持たせるための工事方法が多くなっています。… Read more

postheadericon 大きな地震を教訓に

夜景

現在比較的に新しい既存の建物は建築基準法によって安全な耐震性を持っているいことが当たり前となってきていますが、現在の建築基準法が制定されていなかった頃に建築された古い建物に関しては耐震工事が必要になってきます。
耐震工事が必要になってくる古い建物と判断するボーダーラインとしてはその建築された年数によって知ることができます。耐震性が低いと考えられている古い建物とは昭和56年以前に建築された建物が分類されます。
建築基準法が改正されて現在の新建築基準法に制定されたのは昭和56年になるので、その新建築基準法に制定される以前に建築された建物の耐震性では現在考えられている基準には満たないとされているのです。… Read more